1. HOME
  2. ブログ
  3. 気候変動気象データ提供システム公開(2022/02/07)

気候変動気象データ提供システム公開(2022/02/07)

気候変動気象データ提供システムの公開が始まりました。ファイル(EXCEL)は、以下より無料でダウンロードいただけますが、ファイルを開くためのパスワードがございます。
気候変動気象データ提供システムのダウンロード

ご面倒おかけいたしますが、下記フォームからのお申し込みをお願いいたします。折り返し自動返信のメールにて、パスワードが送られてまいります(送信者名:”OPoSuM-DS(オポッサム)” 、件名:OPoSuM-DS(オポッサム)気候変動気象データ提供システム )

    【気候変動気象データ提供システム】
    このシステムは、気象庁が公開している過去の気象データから、全国の760地点の1981年から2020年までの40年間の観測所データを抽出し、平均気温、年降水量、一時間降水量の最大値の3つの指標についてトレンドを図示するものです。とくに、自治体別にどの観測所のデータを参照すればよいかが簡易にわかるように、自治体コードを入力すれば、参照すべき観測所の候補が複数出てくるようになっています。基礎自治体における地域気候変動適応計画で引用できるグラフが簡単に入手できます。この気候変動気象データ提供システムは、環境研究総合推進費「2-1910基礎自治体レベルでの低炭素化政策検討支援ツールの開発と社会実装に関する研究」(研究代表者:倉阪秀史)の成果物の一部です。(*「気候変動気象データ提供システム」とは?

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事