2017年04月26日
カテゴリー:研究成果公表 タグ:

『公共研究』第13巻第1号が刊行されました。

千葉大学公共学会の機関誌『公共研究』第13巻第1号が刊行されました。2016年度の本プロジェクトの活動報告が、特集2「地域ストック持続可能性マネジメントプロジェクト(OPoSSuM)活動報告」に掲載されています。ウェブ上での公開は本年6月末を予定しています。

 公共研究 第13巻第1号 目次

特集1/ 千葉大学公共学会講演会】

グローカル公共哲学の意義、役割、射程…………………………………………………山脇 直司

質疑応答

特集2/ 地域ストック持続可能性マネジメントプロジェクトOPoSSuM活動報告】

地域ストック持続可能性マネジメントプロジェクト(OPoSSuM)の最終年度の展望

…………………………………………………………………………前川智美・倉阪秀史・佐藤 峻

未来予測に基づく中高生政策ワークショップの実施…………………………宮﨑文彦・森 朋子

社会関係資本のマネジメント手法の開発について……………………………栗島英明・中村昭史

八千代市内の団地の人口構造を反映した空家地図の作成……………………松橋啓介・石河正寛

特集3/ 幸福研究の学際的展開――ポジティブ心理学と政治経済学】

巻頭言 特集にあたって …………………………………………………………………小林正弥

ポジティブサイコロジーの学際的展開…………………………………………………前野隆司

コミュニティレベルの関係性………………………………………………………………石戸 光

幸福政策は可能か―幸福をめぐる理念と公共政策………………………………………広井良典

Re-construction of Wellbeing? Values, Norms and Developing States’ Contention against

Humanitarian Intervention………………………………Tetsuo Ogawa(小川哲生)

【特集4/ シンポジウム「今ふたたび平和と宗教と公共を問う」】

神社と政治――今再び平和と公共を問う…………………………………………………小林正弥

中東情勢と日本・世界のゆくえ……………………………………………………………栗田禎子

平和と神道の問題性と宗教の未来…………………………………………………………鎌田東二

【研究ノート】

大学におけるISO14001取得による効果と課題…………………………………………岡山咲子

地域成長における再生可能エネルギーの役割―中国中部及び河南省を例として               ………………………………………………………………………………………………朱 迅

【書 評】

『正しい戦争はあるのか――戦争倫理学入門』……………………………………………福原正人

 【資  料】

地域分散的資源の地域主体による活用促進法案-法案作成講座第12期:2016年12月-

……………………………………………………………………………………………倉阪秀史